お知らせ - 京都の書道教室 かおるスタディ書道教室

薫会書道展のお知らせ

書道展1.jpg

本日11月4日は薫会書道展が開催されます。
場所は京都山科の東部文化会館創作活動室です。
http://www.kyotoconcerthall.org/

薫会の主催する書道展は、長い地道な活動を評価され毎回京都市の後援を戴いています。
今日は各教室で書道に励む生徒さん達の1年の大集成でもあります。
この日の為に頑張ってきた作品とその心。
是非ともご覧くださいませ。

ご家族の方、お近くの方是非東部文化会館へ足をお運びください。
お待ちしております。


東日本大震災による災害へのお見舞い

今回の東日本大震災により亡くなられた方々とそのご家族の皆様に、衷心よりお悔やみを申し上げますとともに、
被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

東日本大震災は本日18日午後、発生から丸1週間を迎えます。
大地震と共に大津波に見舞われた東北の太平洋沿岸部の被害はご存じのとおり甚大で、死者・行方不明者は1万5000人を超えたとの事。
震災の被害は日を追うごとにどんどんと増加、その全容は依然伝わりきっていないのが現実です。
燃料などの物資不足は解消されず、被災地の市民生活や経済活動に重大な影響が出ている中、さらに福島原発事故が周辺地域に深刻な影響を与えています。
現地からは各局の報道により「救援物資が届かないから、さらに不安を抱いてしまう」「ガソリンがないから食料の調達も出来ない、もうみな限界だ」などとの声も早くから聞こえてきており、残念なことに病気の方々やお子様ご年配の方や負傷者の方々等の救護活動も滞りが見えてきている様子です。
運送のドライバーの問題、給油の問題、道路の崩壊などと様々な理由があるとは思いますが何とかならないのか…
そこで「まずは燃料、食料の物流を改善したい」と語った仙石氏が担当となったがどっちにしても早期の改善と解決をお願いしたいところです。

私も甚大な被災の大きさに、衝撃を受けるばかりで、自分には何ができるのだろうか、何をするべきなのか、と考えされられます。
まずは、自分のできることから。
一人でも多くの方が助かること、そして一日も早い復興を心より祈っております。

京都山科の書道教室 かおるスタディ 次年度の教室のプログラム

かおるスタディ本校の書道教室のカリキュラムが若干変わります。
コース分けをはっきりさせ、上花山教室で大好評であった「創作書道・絵手紙コース」を
本校に移設しより本格的に楽しめる内容となっています。
詳細やご不明な点、また見学なども随時受け付けております、ご希望の方はメールまたはお電話でお問合せください。

 【コースをお選びいただけます】

 *こども書道コース
 *一般資格修得書道コース
 *創作書道・絵手紙総合コース
 *師範修得コース


・京都市山科区西野山百々町163-1
 ・お問合せ (代)075-200-1166 075-592-3364

 ・お稽古 月〜金曜日
 ・講師 林 朱門

「書は心を写す」 楽しく学ぼう! かおるスタディ書道教室

お父さん、お母さん!                                    こまったよ.jpg        


こんな経験はございませんか?



 年賀状・あいさつ文・履歴書・公共書類… 習字を習っておけばよかった


 他のお友達はどうして字が上手いんだろう??


  字の上手い人がうらやましい…



 文字を本格的に学びだす小学校期に基本をしっかり学んでおくと大人になっても安心です




かおるスタディってどんな書道教室なの?        書初め.jpg                             


         1.jpg


書団薫会は毎年京都市後援の展覧会を開催する書道教室です    


     2.jpg


創立35年、地域密着型の書道教室です                



-3.jpg幼児〜師範までしっかり成果の上がる書道教室です




ようこそ薫会へ

かおるスタディ書道教室は書団薫会の直営・門下生師範が指導する書道教室です。

薫会は昭和50年京都に開校以来、1000名を超す門下生を送りだし、地域に密着した活動を中心に今日まできました。

書道教室では、お子様の字の教育、成人様の毛筆・硬筆、そして趣味としての書から師範修得まで「書」に関するあらゆる事を

完全サポートいたします。

また、師範取得にとどまることなく「お仕事」として書道を生かしたい!

でもどうしたら良いかわからない…という方々にも万全のサポート体制を取っております。


書道教室.jpg

  @開校への道しるべ

  A生徒さんの募集の仕方

  B運営方法

  など薫会が今まで培ってきたシステムで完全バックアップ!


画像 076.jpg   081.jpg



書士.jpg

  @賞状の筆耕

  A賞状の構成

  など薫会が今まで培ってきたシステムで完全バックアップ!

  グループ内の「賞状・宛名書き 毛筆工房薫会」からのサポートで受講しながら実務もこなして頂けます。


025.jpg   289.jpg



商業.jpg

  デザイン事務所 「書'sアート」からのサポートで毛筆デザイン・筆文字による制作を学んで頂けます。



1.jpg  works06.jpg


works07.jpg  works01.jpg   1sekihuda1.jpg   2gcUTg5n.jpg



〜筆で遊ぶ〜

書道と言うと習い事・堅い、奥の深い何か修行的な感覚を覚える方も多いのではないかと思います。

確かに筆の使い方などの技術を学ぶにはある程度の習得期間が必要です。

でも元を正せば単なる字を書く事!もうちょっと気軽に考えてみませんか?

現代では筆を持つことの稀さが、逆に書道が非日常の世界を味わせてくれます。


真っ白いキャンパスに絵を描きだすようなワクワクドキドキ感!


書道も全く同じです。


そんな気持ちが高揚する瞬間を楽しみにして習い事⇒遊びの世界に考え方をシフトしてみてください。

幼い頃、道路や公園の砂の上、ノート…


色んなところに落書きしてました。


そんな経験みなさんもおありだと思います。


今度はそれを真っ白な半紙に置き換えて自由に文字を描く!

 書は心を映す

書団薫会役員であり書道教室講師が良く口にする言葉です。


遊びは楽しいし趣味も楽しい!


書道を習得すると言う堅苦しい先入観から解き放ち、遊びの場として考えてみては如何ですか?


先の言葉にもあるように楽しいから面白いから前向きにもなれる。そんな気持ちが生き生きとした書として表れてくるのです。


 心を映し出す鏡 そんな趣味も面白いのでは…

書道=筆で遊ぶ=楽しみ


楽しい趣味としての書をみなさん初めてみませんか?




line10.gif  

書団薫会主催 京都市後援第36回薫会書道展開催のお知らせ

書団薫会主催「京都名古屋書道展」開催

■日時   11月3日(祝)10時〜4時
■場所   京都市山科区 東部文化会館
       http://www.kyoto-ongeibun.jp/toubu/

tegaki.jpg


京都市後援
の幼児から大人まで年齢層の幅広い書道展です。
各教室で頑張っておられるお子様から、NPO法人シニア会議所、京都山科 東旺苑のみなさま方の日頃の成果を発表される大切で楽しみな場でもあります。
今は生徒の方々も展示作品制作に励んでおります。
お近くの方ございましたら足を運んで下さいませ。
きっと楽しい風景と出会えると思います。

薫会 経営理念
◎書は心の表現である。
◎心を育て書技を磨き美しい文字のナンバーワンを目指す。
◎人を幸せにして自分が幸せになれる
     社会に貢献して企業の発展がある。
◎まごころ日本一を目指す。
  http://www.sakusaku.jp/hayashi/word.htm
.